スピーチフェスティバル(2/8) スピーカーからの感想 Part2

FESSの大きなイベントの一つ、スピーチフェスティバルに初めてスピーカーとして参加した。
当日は、聞いている側と違っての緊張感や充実感があり、何よりも趣味の絵の話ができたことが楽しかった。
終わってみて、FESSのみんなのサポートの手厚さを感じている。(皆様ありがとうございました。)
インストラクターたちは、スピーチグループ(スピーチ前に行うレクチャー)で、原稿内容についてのコメントや読むスピード、抑揚、ポーズ等の細かなアドバイスをくれた。特に、始めと終わりの部分では、「どのように注目を集めるのか。」ということやジェスチャー等の英語で行うスピーチならではの表現の仕方を学んだ。
グループメンバーは、仮スピーチに対して率直な感想を言ってくれたので、原稿の直しの部分をはっきりさせることができた。
コミッティからは、下書きを見ていただいたり、パワポ準備や直前の緊張をほぐす一言をいただいたり・・・
そして今、手元にある終了後のインストラクター3人の手書きコメントは、一生の宝物になると思う。
今年度からこのイベントは年2回となった。機会が増え、先々また参加してみようかな。
今回、限られた時間内で「自分は何を伝えたいのか。」「どうやって伝えるのか。」をよく考える機会となった。TVでTEDを見ていた時、「あんなふうにスピーチできたらいいなあ。」と思っていた昔を思い出し、ほんのちょっとではあるけれど気分を味わうことができて、2020年のよいスタートとなった。

Speaker S

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | スピーチフェスティバル(2/8) スピーカーからの感想 Part2 はコメントを受け付けていません。

スピーチフェスティバル(2/8) スピーカーからの感想

卵酒!酒?卵?どちらが先でしたっけ?化学的に説明しましたが、いかがでしたか?どこへ行っても、呪文のように英文を口にしていました。学生みたい。ドキドキと楽しさで、1ヶ月ほどテンションアップでしたね。
J先生、ご指導ありがとうございました。支えてくださったRさん。プロモーションビデオを作成していただいたA先生。お手伝い頂いた皆様。そして、お誘い頂き、スピーチフェスティバル参加のチャンスを与えてくれたSさん。みなさんのお陰で無事終わりました。
いつか、またチャレンジしたいです。お手本スピーチのAちゃんのように、上達するようがんばって。
FESS にありがとう!

Speaker N

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | スピーチフェスティバル(2/8) スピーカーからの感想 はコメントを受け付けていません。

One Point English25

015のone point English です!
how と what の話。how は修飾語(どのように)をたずねる疑問詞、what は目的語(何を)-または主語-をたずねる疑問詞です。
「どう思いますか」「どうしますか」日本語の「どう」につられて how を使ってしまいがちですが、この場合 think や do は目的語を取ります。”What do you think?” etc と言いましょう。
ただし「どうしますか」は「What will you do?」と未来形にする方がいいでしょうね。”What do you do?” は「お仕事は何ですか。」という意味になりますから。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | One Point English25 はコメントを受け付けていません。

スピーチフェスティバル報告(2/8)

2月8日 本年度2回目の Speech Festival が行われました。
5名のスピーカーは、工夫を凝らしたスピーチで、来場者を楽しませてくれました。
インストラクターの皆さん、指導・講評・モデルスピーチ、ありがとうございました。
デモンストレーションのアシスタント、音響機器の操作など、お疲れ様でした。
さあ、次回はどなたがチャレンジしますか?
楽しみです!

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | スピーチフェスティバル報告(2/8) はコメントを受け付けていません。

Speech Festival(2/8)【お知らせ】

FESS恒例のSpeech Festivalが近づいてきました。今年度の1回目は7月に行いましたが、2回目を下記の日程で行います。

すでに、講師指導のもと、5名の代表 speakerによるspeech の勉強会を行っており、その成果の発表が間近に迫ってきています。

当日、speaker以外の方も、オーディエンスとしてスピーカーの方たちへの応援をよろしくお願いいたします。皆様のお越しを心からお待ちしています。

 

Speech Festival

2月8日(土) 19:00から

 

船橋市西部公民館 2F (アクセス:https://fessfunabashi.com/access/ )

 

お問い合わせはこちら → Contact Us よりご連絡ください。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | Speech Festival(2/8)【お知らせ】 はコメントを受け付けていません。

One-up Sessionへ参加してみませんか

2020年、オリンピック・パラリンピックがついに日本で開催されますね!訪日された外国のお客様に少しでもおもてなしできたら素敵ですね。
さて、FESSではネイティブ講師が毎回レッスンしてくれるのですが、通常レッスンの時間前 18時からビギナークラスメンバーで勉強会を開いています。
これが「One-up Session」です。
FESSは他国で英語を使ってお仕事していたことがある方や教育現場で多言語を教えている方などが多く在籍しています。
「これは使える」「覚えておくと便利」な英単語を教えてくれたり
「間違いやすいからこうやって覚えてみたら?」とアドバイスくれたり、
基本の基本を解かりやすく説明してくれるんです。
しかも!先輩方は交代でボランティアで教えてくれていますので、FESSの月会費以上はかかりません。
少人数だし、みんなお友達になれるので、質問も気軽にできちゃうところがいいですよ。
レッスンの頻度としては、木曜月1回、土曜日はボランティア養成講座や他イベントがない日に行っています。
【直近のOne-up Sessionスケジュール】
1月25日(土)
2月1日(土)
2月6日(木)
2月15日(土)
2月22日(土)
3月21日(土)
3月28日(土)

FESSのメンバーになって仲間と楽しみながら一緒にOne-up目指しませんか?
FESSでは無料体験が2回まで参加できますのでご希望の方は、まずはContact Usよりお問い合わせください。
FESS コミッティ

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | One-up Sessionへ参加してみませんか はコメントを受け付けていません。

One Point English24

015のone point English です!
one of ~  some of ~  などの言い方、よく使うと思いますが、その後には the my などで限定された言葉、または代名詞が来なくてはなりません。この言い方は、全部の人/物の中で、ではなく、ある範囲を想定した上で、そのうちの1人/何人かという意味だからです。one of the people  some of my classmates  など。
そして、その後に来る名詞は必ず複数形です。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | One Point English24 はコメントを受け付けていません。

FESSにはハイキングクラブもありマス。

実は FESSにはハイキング・登山好きのメンバーが結構います。
1月13日 Coming-of-age day(成人の日)を利用して旧FESSメンバーと合わせて10名で陣馬山(855m)に登ってきました。

電車の車両を指定して皆さんと合流し、JR藤野駅で下車。
雲一つなくて上りは急傾斜もあり。結構ハード!
もう足を上げるのも辛くなってきたけど2時間後に着いた山頂での写真には、一汗かいた後の良い顔に達成感・充実感が溢れてマス。

ガスバーナーを持参してくれた方もいて、美味しいコーヒーとラーメンいただきました。
お水やおやつを背負って登ってくれてありがとう!

冠雪の富士山もくっきり綺麗に見ることができました。
この写真はカレンダーにも使われそうなくらいいい写真ですね。

帰りは陣渓園で日帰り入浴して汗を流すこともできて大満足の一日でした。

英会話と自然の中を歩くのが好きな方、FESSの仲間になりませんか?

ご興味のある方は Contact us からご連絡ください。
無料体験(トライアル)が2回までご利用いただけます。

 

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | FESSにはハイキングクラブもありマス。 はコメントを受け付けていません。

Happy New Year!

皆さま良い新年をお迎えのことと思います。
FESSは今年も充実したレッスンと楽しいイベントをお届けします。
新年最初のレッスンは1月4日(土)。
スピーチフェスティバルの参加者も、まだまだ募集中です!
さあ、いよいよオリンピックイヤーの始まりです。
今年も楽しくがんばりましょう!

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | Happy New Year! はコメントを受け付けていません。

REPORT[ English RAKUGO in FESS ]20191221

12月21日のボランティア養成講座は、「English RAKUGO」をみんなで鑑賞しました。
演者は FESSのメンバーのお二人です。
古典落語の英訳されているものが結構あるのですね。
とはいえ、日本語でお話し全部を覚えるだけでも大変ですし、英語で覚えてしかも人前で話すにはどれだけ練習されたんでしょうか?
尊敬です。

Performer: 饅頭亭ごえん
Title: 千早ぶる、 頭山
Comment:
Hello friends! I told a Rakugo story in English at FESS workshop the other day. That was my great pleasure, but I was afraid I could not have given the audience a lot of laugh, though.
Performing Rakugo is useful for me to memorize words, phrases and whole stories. In addition,I need to use easy, concise and comprehensive words so that my friends listening may be able to understand more clearly. I believe these advantages will be true for everybody.
Smiling bridges the gap between people. Rakugo can do!, too.

Performer: 湯煙亭黒湯
Title: たぬさい
Comment: 3年ほど前から英語落語を聴く機会があって、自分でもやれれば楽しいだろうなと思っていました。今回エイヤでやってみたのですが、長いストーリーを暗記し、皆さんの前でパフォーマンスするのは正直非常にタフでした。でも、簡単な英語の表現でこんな微妙なことが言えるのかと言葉の奥深さを再認識しました。これからも私なりに続けていきたいと思います。

 

カテゴリー: お知らせ, ボランティアWS, 未分類 | REPORT[ English RAKUGO in FESS ]20191221 はコメントを受け付けていません。