2020年度コミティーメンバーの自己紹介

新型コロナウイルス感染についての緊急事態宣言が首都圏や近畿圏、北海道を除く大多数の地域で解除されるなど、今後のFESSの再開も期待できるような状況となってきました。こうしなかで、FESSの再開を人一倍待ち望んでいるコミティーメンバーの自己紹介を行い、今後のモチベーションを高めていきたいと思います。
最初は会長に任命されました佐藤 です。

会長を仰せつかった佐藤 和彦です。FESS 50周年記念の新聞記事を見て2016年12月に入会しました。ニックネームはKazuで、53才になっても現役Jリーガーの三浦 知良の若さにあやかりfirst nameを縮めて使っています。
今回、新型コロナウイルス感染の拡大により引継ぎも満足にできないスタートでしたが、通常レッスンが休止となるなか、有志によるオンラインレッスンへの取り組みを始めました。オンラインレッスンの可能性を実感しています。
私にとって英会話は、安全な海外旅行をするための必需品との位置付けです。退職後、憧れていた世界遺産を巡る旅を続けていますが、一人旅で行くこともあり英会話は必須です。会話を通じて現地をより深く理解することが出来ると思っています。
英会話力のアップには、アウトプットの場所が必要です。ヒアリングや文法は独習できますが、スピーキングは相手が必要です。この相手を提供してくれるのがFESSです。相手に理解してもらえるように一生懸命英語を考え、話すプロセスが会話力向上の秘訣ではないかと思います。こうしたFESSの再開に向けて取組んで行きたいと考えています。
ワクチンや有効薬がない新型コロナウイルス感染に対しては、長期に亘る警戒が必要と思われますが、FESSの早期再開を心から願っています。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 パーマリンク

コメントを残す